LINK

破産申告で持っているローンに関して保証人がいる場合には、前もって連絡をしておくべきでしょう。フレキュレル

ここにおいて、改めてお話ししますが、債務に保証人が付いているときは自己破産をする前にちゃんと検討する必要があります。アーセナル

つまりはあなたが自己破産をして免責されると保証人になっている人がそれらの債務をいっさいがっさい払う必要があるからです。ゾンビ漫画 おすすめ

だから、破産手続き以前に、おかれた現状を報告しつつ、謝罪をしなければいけないでしょう。美甘麗茶

そういうことは保証人の立場で考えると当然のことです。

みなさんが破産申告することで大きな支払い義務がふりかかってくるのです。

そうなると、そのあとの保証人になってくれた人の選べる手順は次の4つです。

1点目ですが保証人自身が「すべて返す」という手段です。

保証人自身が何百万円ものお金をいとも簡単に弁済できるほどのような資産をたくわえているならば、それが可能でしょう。

でもその場合は、自分で破産せずに保証人にお金を貸してもらってこれからは保証人である人に定額返していくということもできるかと思います。

保証人がもし親しい関係にあるなら、ある程度返済期間を考慮してもらうこともありえます。

合わせて完済が不可能でも金融業者も相談により分割支払いに応じるものです。

保証人となっている人にも破産申告を実行されると、お金が全然返らない可能性があるからです。

保証人がもし保証した債務を全額負う財産がなければ、借金しているあなたと同じくある中から債務整理を選択することが必要です。

2つめは「任意整理」による処理です。

債権者側と落としどころをつけることによって、5年以内くらいの期間で返済していく方法です。

弁護士にお願いするときのかかる経費は1社につき4万円ほど。

全部で7社から債務があったならだいたい28万円いります。

また貸した側との示談を自分ですることも不可能ではないですがこの面での知識がない素人だと向こう側が自分たちにとって有利な和解案を押してくるので、注意しなければなりません。

それに、任意整理を行うという場合もあなたの保証人に借り入れを立て替えさせることになるのですから、あなた自身は少しずつでもあなたの保証人に返済していく義務があるでしょう。

次は保証人となっている人もあなたと同様「自己破産をする」ということです。

保証人である人も返済できなくなった人と同じように自己破産を申し立てればあなたの保証人の債務もなくなります。

ですが、もし保証人が有価証券等を持っている場合はそれらの私財を取り上げられてしまいますし、資格制限がある職務にある場合などは影響を受けます。

その場合は、個人再生を利用できます。

では4つめですが、「個人再生による手続きを取る」方法があります。

マンション等の不動産を処分せずに整理をしたい場合や自己破産手続きでは資格制限に触れる職業に従事している方に選択できるのが個人再生による整理です。

この方法なら、自分の住宅は処分する必要はありませんし破産宣告の場合のような職種にかかる制限資格に影響を与える制限がかかりません。