為替への介入というのは耳にした事がありますか?日本銀行が為替の介入をして新聞記事、テレビ番組、グーグルなどの記事で見られたみなさんもたくさんいると思います。77-17-1

初めから為替介入(外国為替市場介入)というものは我が国の場合、財務大臣が為替の相場の安定性を実現するように実行する方法として見なされています。77-4-1

簡潔に言えば、急激な円高、円安が起きると財務大臣の指図によって中央銀行(日本銀行)円の取引をして円相場の安定性を狙う、ものを言います。77-8-1

為替介入とは種類があります。77-7-1

1.単独介入・・・行政や日本銀行が東京での市場において自分から市場に加わって為替介入を行なう。77-11-1

2.協調介入・・・銀行などが協議のうえで、各銀行などがお金を使ってみんなそろってあるいは少しずつ為替介入(外国為替市場介入)を行なっていく。77-16-1

3.委託介入・・・他国の銀行などに向けて外国為替平衡操作(為替介入)を任せる。77-9-1

4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局に代わり為替介入(外国為替市場介入)をする。77-6-1

こんなような方法です。77-15-1

どのケースの為替介入(外国為替平衡操作)も一時、あるいは引き続き為替レートに多くのインパクトを与えるのです。77-5-1

為替の介入の金額は当然権威をかけているのですからスケールが大きいです。

円を基本にして説明すると、いつもは数銭単位で変動している相場が突発的に数円の変化をするのです。

投資家の人ならば過去に経験があると推測できますが、これまではスムーズに利益(または損失)が多い持ち高を保っていたのですが、キープしている保有高が決済となりましたとの報告がFX業者の発信でメールが届き・・・いくらくらいの儲けかな(損失が出たのかな)?と思いつつ決済通達を確認したところ、自分が予想していた事と反対の結果でありびっくりしたとの事例があったのです。

外国為替市場介入(為替介入)が行なわれるとよくあることなのです。

以上のように為替の介入を行うと、為替の動向と反対の変動をすることがわかりました。

加えて変化する金額の大きさは非常にでかく動くので注意しましょう。