LINK
今回は為替市場に関しての基本的事柄の説明をします。為替の市場というものは「直接的にお金の送らない場合でも資金のやり取りの趣旨を実現するもの」を指します。為替相場というと主に外国の為替のことを言い表すというケースが一般的です。外国為替というのは国と国の貨幣の換金を示します。他国へ旅行(シンガポール、中国、マレーシア、アメリカ合衆国)などした経験があればみなさん外国の為替の体験をしたことがあると思います。近所の銀行に行って他の国の貨幣に交換をすればそれは外国為替という事です。為替の相場とは買う人と売りたいと思っている人の価格の相場を意味したものです。銀行と銀行のやり取りの末に決定されます。それがマーケットメイカーと言う世界中にある銀行です。為替のレートは周辺からの余波を受けつつ引き続きみるみる変わって行きます。為替相場を変化させて行くきっかけとなるのはファンダメンタルズというものが言われます。ファンダメンタルズとは経済の基盤や様々な条件のことを表します。国における経済の上昇や景気の状態、物価水準、金融緩和、国際収支統計、重要人物の言葉など複数の原因が絡んで為替は変化して行きます。ことさら国際収支と無就業者数は重大と思います。国際収支統計とは日本では財務省よりの指令で日銀が貿易の統計を利用して取りまとめた他国との一定期間の経済上のやり取りを記録したものです。これは行政機関や中央銀行のHPの中で知ることができます。雇用統計・失業者の割合もチェックされるケースが多い原因であると言います。特に米国の就業者の統計は影響します。月一で公示され検証ターゲットが幅広いところが特徴です。為替レートの変化は経済の変動なのです。経済活動の動向を見極めることで為替の変化予測が可能と言えます。