LINK
クルマの保険には自賠責保険あるいは任意保険に代表される2つの分類があります。自賠責保険も任意保険も、不測のアクシデントなど遭ったときの補償に関するものですが、内容は若干違っているといえます。2つの保険を見比べると補償が適用されるものが多少一様とはいえません。※相手に対しては、任意保険、自賠責保険の双方で補償されようになっています。※自分自身については、『任意保険』のみによって補償します。※自己の所有する財産においては「任意保険」によって補償できます。自賠責保険のみでは自らの負傷または愛車に向けた賠償などのサポートは享受できません。続いて相手に向けての賠償などのサポートですが自賠責保険ならば死亡してしまった時は最高額で三千万円・障害を負わせてしまった場合最大額で4000万円などといったようになります。ただし賠償金が先に挙げた額面を超えることは珍しくありません。また相手方の所有するクルマあるいは不動産を毀損してしまった場合には、害を加えた者の完全な自己賠償にならざるを得ません。そのためにも任意保険という別の種類の保険が不可欠なのです。被害を受けた者に対するサポートに重点を置く任意保険という制度ですが、それとは違う機能が用意されています。※事故の相手に対しては死亡時あるいはケガ車もしくは家屋などといったものの私有財産を補償します。※自分に対しては同乗していた人も入れて、死亡時や負傷を賠償します。※自分の所有する財産に対しては愛車を補償してもらえるのです。このように数々の面について補償が充実しているのが任意保険が持つ強みです。保険料の支払いは欠くべからざるものとなってしまうのはしょうがないですが事故の相手方のためにも自分自身を守るためにも、乗用車に乗るのであればぜひ任意保険にお世話になっておきたいです。