LINK
自動車事故発生した状態であなたが交通事故の被害者でも相手方が間違いを全く容認しないことはかなりみられます。一例として、意識的に起したのではなく注意散漫で車を当てられたケースで、そういった言い合いにつながってしまう場合があるのです。とは言って現場で車だけの物損されて何ヶ月か後に自覚症状が現れた際に病院の医師に作成してもらった診断書警察に提出するというのは対応が遅くなるというのはしょうがなくなります。それならば、事故の過失割合の決定にはどういう風な判定基準が決められているのでしょうか。きちんと言えば、警察が認定するのは核として交通事故の責任が考えられるのはどちらの車かという事柄であり過失割合ではないのです。さらに言えば、最終的に明確にされた事故責任者が警察署から教えられる事は状況はありません。過失の割合は事故当事者のやり取りの結果により決められこの事が賠償額の算定の基準となる訳です。この場面で、双方共に任意保険に加入していない場合には互いが直接話し合いするしかありません。しかしながら、そういうやり取りでは、非論理的な言い合いになる場面が存在します。さらに、互いの言い分が食い違えばまかり間違うと、係争に突入しますが、これでは大切な時間と費用のかなりの負担は避けられません。それにより一般的には、事故に関わってしまったそれぞれのドライバーに付随する自動車保険会社、そういった両方の保険の会社に任せる手段で、ちょうどよい過失の割合がどうなのかを理性的に決定させます。この場合には、保険会社はそれまでに起こった事故の事例の結果から算定した認定基準、判例集を参考に、仮定とやり取りをしてどちらに何割過失があるのかを導き出します。そうであっても車の事故のケースでは遭遇してしまったのか巻き込んでしまったのかの状況を問わず、とりあえず警察に電話するのが重要です。その後、自動車の保険の会社に電話をして、この先の調整を委任するのが順番になります。ちゃんとした順序さえ理解していれば、お互いの無意味なやり取りとなるケースを回避できます。